<< 中央競馬の専門紙「競馬ファン」 | TOP | 気軽な馬主、「ペーパーオーナーゲーム」 >>




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




競馬ブームの再来?

★伝説の三連馬券投資術・レジェンドウェーブ★

長引く不景気のせいか、競馬の人気がしばらく落ち込んでいました。
でも、ここのところ、小さな競馬人気の波がきているようです。
日本では、戦後2回の競馬ブームがあったことは、ご存知でしょうか?


最近、競馬人気の小さな波が来ていて、これも競馬ブームの前兆か?と気になる所です。
日本では、戦後競馬ブームが2回も起こっていたのをご存知でしょうか。

第1次競馬ブームとされているのは、1973年。
これはハイセイコーの活躍がきっかけになり起こったため「ハイセイコーブーム」などと呼ばれています。
この「ハイセイコーブーム」が巻き起こるまでは、古くから競馬を趣味とした人は多いものの、ただギャンブルとして競馬を楽しむのが普通でした。
ですが、このブームをきっかけに、「競馬はロマン!」といった考え方をするファンが一気に増えました。
そして、趣味の対象の種類も増えました。

そんな第1次をはるかに超える規模のブームとなったのが、1980年代後半の第2次競馬ブーム。
武豊とオグリキャップの活躍もさる事ながら、バブル景気と重なった事も、これほどの大ブームとなった要因といえるでしょう。
若い女性から子どもに至るまで人気が浸透し、東京優駿では、最多入場者記録が19万人を超える事もあったほどです。
この頃、競馬ファン増加に伴い、競馬場の内外問わず、競馬関連グッズがたくさん発売され、それらを収集するのを専門とするファンなども、急増しました。

このように、一種の社会現象にもなる程、凄まじいブームを巻き起こした競馬です。
だけど、その人気も今では治まってしまいました。
それは、景気の低迷も大きな要因となっているのかもしれません。
しかし、暗い話題ばかりが飛び交う昨今、もう1度このような記録的なブームが起こる事を期待してしまう所です。

| 競馬ブームの再来? | 競馬ブーム |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ




スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibamoukaru.jugem.jp/trackback/20
トラックバック
★伝説の三連馬券投資術・レジェンドウェーブ★

カテゴリー
スポンサードリンク


Links
QRコード
qrcode
SPONSORED LINKS