スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




ジョッキー(競馬騎手)になるための資格

★伝説の三連馬券投資術・レジェンドウェーブ★




騎手のことは、英語ではジョッキー、オセアニア諸国などではライダーという風に呼ぶそうです。
競馬では、馬の力はもちろんのこと騎手の力もレースに大きな影響を与えます。
その騎手になるには、どのような資格が必要なのでしょうか?

ご存知の通り、馬に乗れれば誰でもが騎手になれるというわけではありません。
養成機関である競馬学校や、地方競馬教養センターで学ぶ必要があります。
また、日本で騎手になるには、免許が必要です。
そのため、養成機関を卒業する前に騎手免許試験を受験する、という形になります。

基本的な免許は、日本中央競馬会が発行する中央競馬の免許と、地方競馬全国協会が発行する地方競馬の免許です。
この免許は、「一度取得すれば一生もの」というものではありません。
運転免許のように更新が必要なのです。
しかも有効期限は、運転免許よりずっと短く、一年ごとに試験を受けて更新する必要があります。

ちなみに、養成機関に通わなければ騎手試験の受験資格がない、というわけではありません。
日本の養成機関に通わずに騎手試験に合格した例もあります。
しかし、現在までの合格者は、横山賀一さんだけです。

この他にも「短期騎手免許」というものもあります。
特別指定交流競走などで騎手免許がない場合、限定免許が交付されます。
また、海外競馬のジョッキーは、ある試験に合格すれば短期免許(1カ月単位)を交付されたりします。
ただし、短期免許には回数の制限があります。

これらの騎手免許は、1930年代以前は調教師免許と一緒に持つことができました。
しかし、現在は自分が調教した馬でレースに出るということは認められていません。
日本競馬界競馬施工規定によって禁止されています。

| ジョッキー(競馬騎手)になるための資格 | 競馬騎手の資格 |
| comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
★伝説の三連馬券投資術・レジェンドウェーブ★

| 1/1PAGES |
カテゴリー
スポンサードリンク


Links
QRコード
qrcode
SPONSORED LINKS