スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




地方競馬の危機

★伝説の三連馬券投資術・レジェンドウェーブ★

地方競馬は、最近まで地方自治体の収入源として大きな役割を果たしていました。
しかし、最近では、人々のギャンブル離れや、パチンコ産業人気の影響などを強く受けて、採算が取れ無くなってきています。
そのため、地方競馬を廃止などという事例まで出始めています。


地方競馬は、1948年に競馬法に基づいて、馬匹組合・馬匹組合連合会から、地方自治体に主催が変更されました。
でも、最近では、一般の人々のギャンブル離れに加え、パチンコ産業人気の影響なども強く受けて、採算が取れ無くなってきています。
近年まで、地方競馬を含む公営競技は、地方自治体の収入源として大きな役割を果たして来ました。
ですが、このような事態に陥った事を懸念して、公営競技事業自体を廃止してはどうか?などという事例まで出始めています。

確かに、自治体がバブル崩壊後の短期間で生み出したとてつもない赤字や、公営企業が作ってしまった負債に比べれば、かなり規模は小さいです。
その他のキャンブルと違い、利益が公的な分野に回って行く事から、地方競馬は保護して行くべきだという意見はあります。

しかし、地方競馬場の多くは、都市部の市街地などといった好立地な場所にかなりまとまった面積を占有しています。
そのため、地方競馬を廃止にする事によって、今では市街地で非常に困難となってしまった大規模な土地の捻出が可能になります。
そして、総合病院や公園、学校施設や大型のショッピングセンターやモールなどのような建設や、公共事業が出来るようになります。
そのため、今後も、地方競馬場が廃止に追い込まれる可能性は、かなり高いと考えられています。

地方競馬をこよなく愛する競馬ファンにとっては、競馬場が無くなってしまうのはとても悲しい事です。
しかし、昨今の不況や行政の悪化を考えれば、仕方のない事なのかもしれません。

| 地方競馬の危機 | 地方競馬 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
★伝説の三連馬券投資術・レジェンドウェーブ★

| 1/1PAGES |
カテゴリー
スポンサードリンク


Links
QRコード
qrcode
SPONSORED LINKS