スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




競馬の調教師とは

★伝説の三連馬券投資術・レジェンドウェーブ★

競馬の調教師をご存知でしょうか?
競馬の騎手を引退したら調教師、こういうパターンが結構あるようです。
それは、騎手と調教師の資格を同時に保持することができないからです。





競馬の騎手だった人が引退した後、調教師になる事がよくあります。
それは、騎手と調教師はどちらも免許が必要なのですが、二つの免許の同時取得が不可能だからです。
そのため、騎手を引退して免許を返上、という形を取るのが一般的とされています。

この調教師資格は、日本中央競馬会、または地方競馬全国協会の2か所から、それぞれ取得できます。
また、同じ調教師資格といっても、この2か所から取得できる免許は全くの別物です。
だから、注意が必要です。

合格率は、1割を下回ることがよくあります。
安易には取得できない資格です。
例えば、中央競馬だと、合格者は年間5〜8人が普通です。
それは、開業するために必要な馬房の数が限られている事が関係していると言えます。

運よく免許を取得し、技術調教師と呼ばれる研修期間を終え、競走馬を確保出来たとしても、収入は、預託料と競走賞金だけです。
だから、高い収益を手にするには、競走で着実に勝利を重ねられる馬に育て上げる事が、絶対条件になってきます。

調教師は過酷な肉体労働ではありません。
そのため、いくつになっても続けられ、現在も90歳を超えても現役の人がいるほどです。
そういった事から、中央競馬では、新米調教師の参入が困難になったため、定年制が設けられました。
地方競馬においては、所属場により違い、75歳定年制を設けている所もあれば、設けない所と色々あります。

とはいえ、現在では、厩舎経営は容易なものではありません。
馬の成績が伸び悩むなどで収入が落ち込み、引退を余儀なくされる事もしばしば見受けられます。

| 競馬の調教師とは | 調教師 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
★伝説の三連馬券投資術・レジェンドウェーブ★

| 1/1PAGES |
カテゴリー
スポンサードリンク


Links
QRコード
qrcode
SPONSORED LINKS